小学校受験って何をすればいいの?

都心を中心に注目が高くなっている小学校受験。中高一貫の名門校への進学率が高い学校や、エスカレーターで大学まで進学できる学校は特に人気が高く、このような学校への受験は激戦となっています。
そんな小学校受験の準備にはどんなことをすれば良いのでしょうか?

教室選びは大切

まず、小学校受験をする際に大切なのが教室選びです。幼児教室も大手から個人経営のところまで選択肢が幅広く、我が子の性格にあった幼児教室を選ぶことが大切と言えます。カリキュラムがとても良くても先生との相性が悪かったり、その逆もあるのでしっかり様々な教室の体験に参加して吟味したうえで選びましょう。
また、大手を中心に志望校の対策に絞ったコースを設けている幼児教室も多いので、受験が近くなればそのような幼児教室もおすすめです。このようなコースは徹底的に志望校の対策を行うことから他の志望校の対策にかける時間が少なくなってしまうという注意点もあるので、しっかり志望校を絞ったうえで利用しましょう。併願校も傾向が似ているところを選ぶと良いです。

いつ頃から通えばいいの?

小学校受験の際の幼児教室はいつから行けばいいのかわからないという人も多いですが、大半の人は幼稚園の年中の2学期くらいの時期から通い始めていて、年長からであると遅めであると言えます。
確かに小さな子供の吸収力はものすごいものがありますが、小学校受験では大人でも解くことが難しい問題を解くだけでなく、遊んでいる時の様子や人との接し方など、普段の生活の様子もしっかり見られており、そのような生活態度に関しては1年で変えることはなかなか難しいです。そのため、出来るだけ早いうちから教室に通ってマナーなどを身につけた上で小学校受験に挑むことをおすすめします。
ペーパー対策に関しても、基本的な思考能力を身につけた上でそれを応用させる力も付けなければいけないので、時間に余裕を持ちましょう。

服装ってどうすればいいの?

そして小学校受験当日となって心配になるのが会場へ向かう時の服装です。
これに関しては、フォーマルなものであれば基本的には問題ないのですが、パンツスーツはまだカジュアルなイメージを持つ人もいるので出来れば避けるようにしましょう。また、ボディラインがはっきりわかってしまうものもあまりおすすめ出来ません。
小学校受験では子供だけでなく親の服装もしっかり見られるので、身だしなみはしっかり整えて会場へ向かいましょう。お受験の時のスーツに関してはあまりお金がかけられなくて不安と思っている人も多いでしょうが、そんな人におすすめなのがスーツのレンタルショップです。このようなショップでは高級ブランドのスーツも借りられるので、あまり服装にお金をかけずにお受験スタイルで挑むことが出来るので節約が出来ます。

伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 お子様の小学校受験対策をしっかりサポートします!