小学校受験で親が着るべき服装

小学校受験では何かと気を使うものですが、盲点となりがちなのが面接での親の服装です。面接は子どもが中心ですが、面接官は親もしっかりと見ています。そのため恥ずかしくない服装を心がけることが大切だと言えます。

母親の服装

受験する学校によって傾向が異なることがあるため一概には言えませんが、多くの場合に取られている対策があります。まずスーツの色は濃紺系のものにしましょう。稀に色を指定されることがあるのですが、基本的には濃紺を着用します。またスーツはジャケットにスカート、もしくはワンピーススタイルです。パンツスタイルはカジュアルな印象を与えることがあるためオススメ出来ません。スーツのデザインについてはあまり細かく考える必要はありませんが、とにかく自分に合ったものを選ぶことが重要です。体のラインが目立ち過ぎるとあまりいい印象を与えないのでサイズには気を付けるようにしましょう。しかし小学校受験というと特別な服装が必要だというイメージがありますが、あくまでも無難な服装であれば深く考える必要はありませんが、母親の服装の対策も重要となります。

父親の服装

父親の小学校受験の服装というと何か特別なものがなければならないのか、と感じてしまうのですが全くそんなことはありません。普段仕事で着用しているスーツでも大丈夫です。わざわざ小学校受験のためにスーツを新調する必要もありません。しかしだからと言ってシワの付いたものやヨレヨレのスーツだと印象が悪くなってしまう可能性があります。そのため最低限クリーニングに出しておくくらいのことはしておきましょう。また椅子に座った際の裾や、スリッパといったところは意外と盲点になりがちなので慈善に確認しておくことが大切です。清潔感のある髪型やひげなども忘れないようにしっかりと整えておきましょう。大切なお客さんと会うような気持ちで挑むと良いかもしれません。母親同様、父親の服装の対策も意識するべきです。

よく分からない場合はレンタルを

正直なところ、小学校受験だからといって変に服装にこだわる必要は一切ありません。子どもよりも目立たないようにし、常識の範囲内で清潔感のある服装であれば特に問題になることはありません。とは言ってもやはり服装は気になるものです。もしどうしても服装に不安がある場合はレンタルを利用しましょう。最近では小学校受験用のスーツのレンタルサービスが展開されています。必要なものは一式揃っているためレンタルサービスを利用すれば他に必要なものはない、という状態です。もちろんそのスーツはプロが選択したものであるため服装で失敗することはありません。プロのお墨付きであるため不安を感じることもないはずです。レンタルを使うと多少お金がかかってしまいますが、不安を払拭できるのであれば安いと言えるでしょう。